心理学的に見る「恋愛のスタート」とは

心理学的研究によると、恋愛感情の発生には、次の3つの条件が必要であると言われています。

スポンサードリンク

1.適切な恋愛の相手が存在すること
3.「これは恋愛である」と解釈される情動的な興奮があること
3.現実の生活や想像の話などにおいて、若い人々が恋愛を信じ、そして学ぶ文化の中で育てられること

このうち特に、2つめに挙げた「情動的興奮」は、恋愛によって「どきどきする」とか「胸が苦しい」という状態になることです。
これについて、「情動の錯誤帰属説」という説があります。「原因がはっきり分からない生理的な覚醒や興奮がある時、そばに異性がいると、その興奮の理由は異性のせいだと間違って思い込む」というものです。


有名な例えに「吊橋モデル」という考え方があります。
普通の橋と、高い所にかけられたゆれる吊橋の両方において、通りかかった男女にアンケート調査をします。このとき、吊橋の上で、しかも異性の調査者からアンケートをされた対象者は、他の対象者よりもずっと調査者に対する好感度が高くなり、それはアンケートの回答にも表れていました。
これは、高くて不安定な吊橋にいるためにドキドキしたり緊張したりしている状態を、そのドキドキは目の前の異性の調査者のせいだと思い込んでしまったことによるとされています。

この方法を恋愛に利用するのもひとつのアイディアですね。わざわざ吊橋まで行かなくても、台風で停電になった夜や、遊園地のお化け屋敷、ジェットコースターなどに気になる人と行くと良いかもしれません。


参考サイト

貴方が

男性の場合


女性の場合

スポンサードリンク

この記事のタグ

恋の仕方や恋人に求める条件は、一人ひとり違うはず。
あなたの“理想の恋”や、「これだけは譲れない!」という“こだわり”から
お互いの相性がピッタリ合う“理想のお相手”を診断してみませんか?
自分がどんな人に求められているのか?そんな疑問がすぐに解決できるかも?

あなたにぴったりのお相手は?

サイト内関連記事

素敵な出会いをつかむ恋愛心理学
この頃、色んな場面で「出会いがない」と言っている人を見聞きしますが、「出会いがな......
「一目惚れ」を心理学的に考える
一目惚れから始まった恋愛は意外と上手くいく、という実験データがあります。 実際に......
出会ってすぐ仲良くなる恋愛心理学
出会ってからすぐにその人と仲良くなることは、難しいと思いますか? 難しいと思うあ......
心理学的恋愛タイプ
カナダの社会学者にジョン・アラン・リ-という人がいます。 彼は多くの文学小説や歴......

▲このページのトップへ

QLOOKアクセス解析