恋愛心理学を使ったメールの活用法

好きな人や気になる人とちょっとでも一緒にいられたら嬉しい。
そんな気持ちは、誰でも抱いているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

そして今の時代は、携帯メールも普及してるので、殆どの方がメールアドレスを持っています。
好きな人や気になる人にメールを送ると、返信が待ち遠しくてたまりませんよね。

すぐに来ないときには「忙しいのかな?」と思って待っていられますが、何日も音沙汰ないと

「何か変なこと書いちゃった?」
「嫌われちゃった?」

などと、勝手に色々と考えてしまいます。
そんな時には不思議と、悪い方に考えが進んでいったりします。
ヤキモキしながらメールを待つ・・・、そんなことありませんか?


最もよくあるのが、最初は頻繁に返事が来ていたのに、だんだんメールの間隔があいてしまうというパターン。

頻繁にメールのやりとりをしているうちに、話題も少なくなってきて、それでも最初は相手に気をつかって一生懸命書いたりしますが、だんだん気をつかっていることに疲れてしまいます。

とは言っても、せめてメールだけでも繋がっていたいというのが本音かもしれませんね。
では、そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

例えば、相手が返事しやすいメールを送るということです。

自分のことばかりが書かれているメールや、特に内容がないメールなどでは、返事をしようとしても内容を考えるのが大変です。
返事をする側から考えると、あいづちを打つだけでは悪い気もしますし、だからといって自分のことで特に書くことがないと、その時点で特別返信しなくてもいいメールであると考えられてしまいます。

そこで、自分のことを書きながらも、さりげなく相手に質問を投げかけてみましょう。
例えば、

「私(僕)は洋画が好きなんだけど、○○さんはどんな映画が好き?」
「今日はちょっと寒かったね。もうコタツは出した?」

など、どんな内容でもかまわないと思います。
相手が返事を書こうと思ったとき、内容を考えなくてもさっと返事が出せるようなメールを書くことが一番大切ではないでしょうか。

逆に、避けたいのは、「絶対に返事ください」などのように返事を強要する言葉です。
この言葉があるだけでかなり負担を感じてしまうのであまり使わない方がいいと思います。

参考サイト、貴方が

男性の場合


女性の場合

また、なかなか返事が来ない時に「返事をくれないのはどうして?」などと思い詰めた質問をしたくなる気持ちも分かりますが、これもタブーです。

付き合ってもいない相手からそのような質問をされると相手はひいてしまいます。
音沙汰がなくてどうしても不安になった時は、何気ないメールを送ってみましょう。
相手が返事をしやすい軽い感じの内容がベターです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

恋の仕方や恋人に求める条件は、一人ひとり違うはず。
あなたの“理想の恋”や、「これだけは譲れない!」という“こだわり”から
お互いの相性がピッタリ合う“理想のお相手”を診断してみませんか?
自分がどんな人に求められているのか?そんな疑問がすぐに解決できるかも?

あなたにぴったりのお相手は?

サイト内関連記事

恋愛上手になるための心理学
あなたが恋愛中の相手に最大限の魅力をアピール出来るようになるために、心理学的な部......
恋愛心理学から学ぶ、もてる人の秘訣
特別に顔がいいと言うわけでもないのに何故かもてる人、あなたの周りにもいませんか?......
意中の人との距離を縮めるための恋愛心理学
意中の人との距離をもっと縮めたいというあなたに、恋愛心理学的3つの心理法則をお話......
意中の人と親しくなるための恋愛心理学
異性に好意を持った時、まずどのような行動を取るかと言うと、その人に少しでも近づい......
恋愛心理学を利用して意中の人を見抜く
髪は女性にとっていのちです。 女性の美しさは第一に「髪の美しさ」からきていると言......
脳のメカニズムを利用する恋愛心理学
貴方も好きな人を観察したり、その人について考えたりすると、胸がドキドキしたりキュ......
押しと引きの恋愛心理学
突然ですが、貴方は恋愛上手ですか? 恋愛がよく成功する人と、中々うまくいかない人......

▲このページのトップへ

QLOOKアクセス解析